VOL.5 有斐園株式会社

信頼を築いていく

瀬戸内海に浮かぶ因島。たくさんの植物がある緑耀く場所「HAKKOパーク」で、剪定、芝刈り等、植栽管理されている職人の姿が見えた。彼らはTS DESIGNで統一された作業服を身に纏う、「緑の伝道師」株式会社有斐園のスタッフである。有斐園は1950年創業の広島県三原市にある造園工事業を主とする会社。 本日は、仕事や作業服へのこだわりや考え方、緑に携わる者としての活動など、因島にあるHAKKOパークと、福山にあるアーククラブ迎賓館での現場にて取材させていただきました。

園内の芝刈りの作業の様子。広大な敷地の管理は素人には難しい作業。

お客様に納得していただけるように、必ず来場されるお客様の目線になり手入れを行う。植物は生き物なので常に調子を見ながらの管理。幅広い知識と経験、技術が必要。

高所作業ではハーネスを着用して作業を行うこともある。着用しているパンツは裾がリブになっているので高所でも作業ストレスが少ない。

株式会社有斐園 福島社長

福島社長は現在、日本造園建設業協会の広島県理事として、造園の技術継承、新しい技術の採用など造園業界の発展へも力を入れている。今回取材を受けた理由の一つとして、若い人造園を知るきっかけになって欲しいと、造園業全体のことも考えておられた。

社是は「信頼」

お客様だけではなく社員、家族にも信頼してもらいたい。既存のお客様にとことん真摯に向き合うことが大事と考えている。その為、無理に新規顧客を広げることはなく、あえてHPも作成していない徹底ぶりであった。取材をする中で、お客様からの信頼度は間違いなく高いと感じた。

緑に囲まれた中、圧倒的な存在感を見せるニッカーズシリーズを纏った職人達。

ユニフォームに対する想い

TS DESIGNを採用するまでには葛藤もあったと福島社長。TS DESIGNはデザイン的にも好みであるが、自分の好みをユニフォームにしていいのか。また、いい意味でカジュアル感が強いので、今までのような「ザ・作業服」の方がお客様からはの反応も良いのではないか。しかし、TS DESIGNを採用してからお客様に「有斐園さんはどんどんかっこよくなるね」などお褒めのお声をもらうことも多い。ユニフォームについて伺うと、「清潔感」、「キチンと感」と全員揃っている「チーム感」というキーワードが出てきた。ユニフォームをキチンと着用し清潔にしておくことで、施主様や来場来園されたお客様に見られた際も、好印象を残せ会社の信頼にもつながると考えておられた。

ユニフォームにもこだわりを見せる福島社長に目に留まったのが、現在着用しているニッカーズシリーズの商品。採用の決め手は色。併せてニッカーズパンツのシルエットも好印象であった。「ニッカーズパンツ」は太もも部分が太く裾口に向けて細くなり裾口の裏部分がリブになっている。デザイン性と、機能性の両軸で造園業との相性が良いとお声をいただいた。

「緑の伝道師」として少しでも緑のことを伝えていきたい

緑は身近にありすぎて日常生活ではあまり気にされる方も少ない。有斐園は、お客様に信頼され満足してもらうことはもちろんであるが、「緑の伝道師」として緑への関心、造園業全体の発展も考えておられた。第一にお客様に信頼されることに重きを置き、仕事に向かう姿勢が印象的だった。私たちも一人一人の働くをもっとHAPPYにするために、作業服を通して、お客様に信頼していただけるよう今後もTS DEISGNを発信していきたい。

有斐園株式会社

住所:広島県三原市本町3丁目7-17

電話番号:(0848)64-1811

HAKKOパーク

住所:広島県尾道市因島重井町5800-95

電話番号:(0120)851-589

公式HP:https://mandahakkopark.com/

ムービー

着用アイテム

※春夏制服 5306 LIGHT TEC ロングスリーブジャケット

※春夏制服 5304 LIGHT TEC メンズカーゴパンツ

※年間制服 5116 ジャケット

※年間制服 5114 メンズカーゴパンツ

TS DESIGNではインプレッションズに掲載するTS DESIGNのアイテムをご愛用されている企業様や個人ユーザー様を募集しております。

TS DESIGNのワークウェアを通じて、皆様の働く姿や様々な業務を発信してきたいと考えております。

この活動に興味がある方はこちらまでお問い合わせください。